人気ブログランキング | 話題のタグを見る

千葉県船橋市,船橋法典の漢方相談、不妊,不育症相談、薬局キリン堂の情報ブログです


by kirindo-ph
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

男性不妊

以前、WHO(世界保健機構)が男女別不妊原因の調査結果を発表したことがありました。
それによると、男性のみによる原因が24%、女性のみが41%、男女ともが24%、原因不明が11% と、男性側にも原因のある不妊が半数近くを占めていたのだそうです。

一昔前までは「不妊症」と言えば「女性の問題」として取り扱われがちでしたが、近年では「夫婦の問題」と考えるのが一般的になってきています。
確かに 当店の不妊相談においても、ご夫婦そろってのカウンセリングを希望される割合が多くなってきたように感じられます。
子づくり(および子育て)は、大切な夫婦の共同作業です。奥様にばかり押し付けることなく 自分たち二人の問題として取り組もうとされる旦那様が増えているのは、とても素晴らしいことだと思います。

さて、男性側に原因のある いわゆる「男性不妊」の場合、「造精機能障害」 「精子輸送障害」 「性機能障害」などが複雑に関係して起こると考えられています。
当然 医療機関で検査することは必須で、その上で治療に取り組まれることが重要です。
しかしながら、「精子に力がない」や「性欲が低下している」 「精力が減退している」などの症状については、生活習慣の乱れやストレスが少なからず影響しているので、食習慣の改善や生活リズムの調整も非常に大きな意味を持つ と言えます。

東洋医学では、男性の生殖に関するトラブルを「腎虚」によるものと考えます。
「腎」とは、人間の生命や生殖などを主る大切な臓器で、その機能やエネルギー(腎陽)が低下したり、それらを支える物質(腎陰,腎精)が不足する状態を「腎虚」と呼びます。
人それぞれの腎虚の状態を見極め、ストレスを避け生活習慣を見直すと同時に 適切な漢方を取り入れることで、劇的に改善されるケースも多々あるのです。

かつての日本男児は、質実剛健を旨とし「強い男」であることを誇りにしてきました。
今や 世の中も大きく変わり、質実剛健から程遠くなり果てた生活習慣は、精子数、年間セックス回数ともに世界ワースト1という 誠に残念な結果を生んでしまっております。
また、近ごろは新型の男性像として「草食男子」が面白おかしく取り上げられておますが、これなども 昨今の男性が総じて弱くなってしまったことの表れなのでしょう。
不妊はもちろん 少子化の問題なども、日本の男性が「こころとからだの強さ」を取り戻すことが解決の第一歩、と 言うべきなのかも知れません。
赤ちゃんを望まれるご夫婦が、ひいては これからの日本が明るく元氣になりますよう、私どもも精一杯 不妊相談に励んで参りたいと思います。
by kirindo-ph | 2014-01-20 12:00 | 子宝,不妊症